9月28日~29日開催のCrypto Asia Summit、登壇者の紹介 - ASCII.jp
ASCII.jp
2020/09/24 09:09
株式会社TEAMZ 分散型金融のDeFiや分散型ストレージのIPFSを中心に、トレンド変化が激しいブロックチェーン業界において、近い将来に来るであろう破壊的なイノベーションの最前線を知ろう! TEAMZ傘下のブロックチェーン業界の交流ハブを提供するChainTalkは、9月28日と29日の2日間にかけて、オンラインブロックチェーンサミット「Crypto Asia Summit」を開催します。 イベントページ:https://www.chaintalk.tv/cryptoasiasummit/ 既に登壇が決まっているスピーカーを紹介します(敬称略)。 本田圭佑 - Investor 本田圭佑は、世界的な元サッカー選手として知られていますが、50社以上に投資してきた事業投資家としての顔も持っています。事業分野では、ブロックチェーンに高い関心があり、2019年にはブロックチェーンファンドを共同設立することが発表されました。 Pēteris Zilgalvis - European Commission Head of Unit, Digital Innovation and Blockchain European Comission(欧州委員会)は、委員長が定めた政策の優先事項について取り組む組織です。Pēteris Zilgalvisは、ヨーロッパのブロックチェーンパートナーシップの管理、法的および規制面での作業を含む、ブロックチェーンのための政策実行を推進する部門を率いています。 Sean Lee - Algorand Foundation CEO Sean Leeは、2020年6月からAlgorand Foundationを率いています。Algorandは、チューリング賞受賞者であるMIT教授Silvio Micaliによって創設されたパブリックブロックチェーンで、高速取引かつブロックチェーンのトリレンマを解決を実現します。 Kevin Chou - Rally Founder & CEO Kevin Chouが設立したRallyは、クリエイターとそのファンコミュニティが共に繁栄するためのブロックチェーンプロジェクトです。プロジェクトは、a16z Crypto、Coinbase Venturesなどの著名なベンチャーキャピタルから出資を受けています。 Patrick Dai - QTUM Foundation Founder Patrick Daiが設立したQtumは、2017年9月から稼働するブロックチェーンです。UXTOを採用してウォレットごとのセキュリティを確保しつつ、イーサリアムと互換性をもたせたブロックチェーンを提供しています。最近は、匿名機能など、ブロックチェーンのさらなる実用化に向けて活動しています。 Thor Chan - AAX CEO Thor Chanが率いるAAXは、ロンドン証券取引所グループの技術会社であるLSEG Technologyのマッチングエンジンを搭載し、個人をはじめ機関投資家までを視野に入れた暗号資産取引所です。直近では、マーケットにおける存在感が急速に増しており、利用者数が右肩上がりで推移しています。 Diego Gutierrez Zaldivar - IOVLABS CEO RSKのメイン開発企業のIOV Labsは、Diego Gutierrez Zaldivarにより率いられています。RSKはビットコインのサイドチェーンとして動作し、イーサリアムと互換性があるスマートコントラクトを利用することができます。さらに、2nd-3rdレイヤーにあたるRIF OSを提供し、RSKを利用しやすくするフレームワークも提供しています。 Eagle Huang - Deepcoin CEO Deepcoinは、2018年に設立された暗号資産のデリバティブ取引プラットフォームです。カナダのMSBライセンスの他、米国のMSBライセンスとNFAライセンスを有しております。無期限契約の他、暗号資産CFDの取引も可能で、主要アルトコインが原資産となるデリバティブの取引に対応します。 Daniele Marinelli - DT Circle Founder Daniele Marinelliが設立したDT Circleは、データの価値を最大限に引き出すために作られたエコシステムです。DT Circleに参加するメンバーは、エコシステムのツールを通して収集されたビッグデータを企業に売却して収益化することができます。 Illia Polosukhin - NEAR Protocol Co-Founder Illia Polosukhinによって共同設立されたNEAR Protocolは、人々の日常の生活で機能する分散型アプリケーションプラットフォームを構築しています。スケーラブルで、かつ開発者にプロトコルレベルでのインセンティブが入るように設計され、より持続性のあるエコシステムを提供します。 参画社一覧: AAX: ロンドン証券取引所グループ(LSEG)の技術を採用する暗号資産(仮想通貨)取引所 https://home.aax.com/ja-JP/ DTCIRCLE:収集されたデータのトラフィックの提供に基づいている暗号資産 https://dtcoin.tech/ DEEPCOIN: DEFI投資などの総合的な金融サービスを提供する暗号資産(仮想通貨)取引所 https://deepcoin.com/ Algorand: 金融取引から摩擦を取り除くことに専念しているテクノロジー企業 https://www.algorand.com/ Ledger: 暗号通貨向けセキュリティデバイス https://www.ledger.com/ Aenco: ERC223標準に従って作成された実用的なFintech https://aencoin.com/ Bybit: デリバティブ仮想通貨取引所大手 https://www.bybit.com/ja-JP/ Orchid: 暗号資産VPNアプリケーション https://www.orchid.com/ Lacero: 独自のモジュラーAPIベースのアーキテクチャサービスとしてのセキュリティソリューション https://www.lacero.io/ Crypto Asia Summitは、 どなたでも無料で参加することができます。以下のイベントページの「Get pass Now」のボタンよりお申し込みください。 https://www.chaintalk.tv/ja/cryptoasiasummit/
オリジナルサイトで読む