福島県・伊達市役所にもビットコインを要求する爆破予告 警察が威力業務妨害の疑いで捜査を進める - FNNプライムオンライン
FNNプライムオンライン
2020/09/24 11:45
福島県伊達市によると、9月24日午前2時ごろ複数の課に「9月28日12時30分に市内の高校、小中学校に手榴弾を投げ込む」「市役所で職員などをライフルで無差別射撃をする」などと書かれたメールが届いた。 メールにはおよそ2600万円相当の仮想通貨・ビットコインを要求する文言が添えられていた。 ビットコインを要求する爆破予告は全国でも確認されていて、伊達市では市内の学校に注意を呼び掛けるとともに警察と連携し警戒を強めている。 警察は威力業務妨害の疑いで捜査を進め犯行予告日の28日にパトロールなど強化することにしている。
オリジナルサイトで読む